『ムサッシーのブログ』を記載します。


by sportsaid

ヤナギ~の「プチ武甲山トレイルラン練習会リポート」

 早春の冷たい雨。山沿いでは雪に変わるかもという予報でした。当日も予報通り朝から雨。皆欠席…、なんてこともありうる天候ではありましたが、いざ時間になると来るわ来るわ。12名の「モノ好き」が雨具を着込んで西武秩父駅に集まりました。
 6月6日に第1回大会を開催する「秩父の名峰・武甲山トレイルラン」のコースの試走も兼ねて計画した練習会ではありましたが、「西武秩父駅〜武甲温泉直行」という密かな計画変更はあっさり却下されました。
 駅前から大会会場の羊山公園に移動。会場、スタートライン等確認して琴平ハイキング道へ。木々が生い茂るハイキング道はぬかるみや水溜りもほとんどなく、走りやすいです。負け惜しみではなく。雨具が多少ゴワゴワするものの、湿気が多く呼吸は楽だし、緑の葉や落ち葉も濡れて艶やかでとてもキレイです。
 橋立堂(秩父札所第28番)前の土津(はにつ)園でお昼休憩。おそばを注文しなかった者(半分以上)にも店内でお茶と漬け物を出していただきました。武甲山トレイルの応援の方(時間があればランナーも)は、ぜひ土津園で休憩を。
 下り坂の天候の予報ゆえ、予定を早めに切り上げる予定でしたが、雨が強くなることもなく、武甲山頂まで行くことにしました。
 高度が上がるにつれ、枝や葉に付いたしずくが凍ってキラキラ。まるでガラス玉のように光っていました。そのうち雨がみぞれに、そして雪になりました。山頂付近は一面の雪景色。季節が逆戻りしたようです。
 山頂にある御岳神社で大会の安全祈願をして下山。武甲山表参道を下り、一の鳥居へ。ここで登山道は終わり。鳥居の脇では恐い顔の狛犬、というか狼?がました。あばら骨が浮き出てるし。「そんなに睨まないでくださいよ〜」というほどでした。
 ここから一般道に。道路の脇には大きなセメント工場がいくつもありました。山を削り取られて、容姿さえ変えられてしまった武甲山とともに高度成長を支えてきたのでしょう。しかし、採石場としての武甲山も間もなくその役目を終えるとも聞いています。いつも見ているビルや誰かの家に武甲山生まれのセメントが使われているかも知れませんね。
 高度成長を支えてデコボコになって標高さえも変更になった奥武蔵の名峰。いつの日かあのデコボコを登ってみたいと武甲温泉浸りながら思うのでした。

f0170360_9583468.jpg
メンバー全員、雨対策も万全。ここから「琴平ハイキング道」の核心部に向かいます。








f0170360_1022552.jpg
最初のピークへの登り。それなりに厳しいですよ。









f0170360_1042497.jpg
ピークに全員集合。天気は雨だけど、みんなの顔は晴々。









f0170360_107076.jpg
秩父札所の一つでもある「岩井堂」もコースの中。味わい深いお堂です。









f0170360_10154575.jpg
この後、秩父札所第28番「橋立堂」を通り、やがて小雨の煙る武甲山への本格的なトレイルに入ります。








f0170360_10293679.jpg
長者屋敷の頭を過ぎると、雨が雪に変わりました。なかなかの風情でしょう。








f0170360_102440100.jpg
ここから頂上は、すぐそこ。みなさん、今日は思いもかけぬ「いい経験?」をしましたね。








f0170360_10352047.jpg
下山は表参道を慎重に。










f0170360_10372532.jpg
一の鳥居の狛犬。本番の大会では、この辺りにエイドを設置する予定です。ランナーを守ってくださいね。









f0170360_10403695.jpg
ゴールは「武甲温泉」。冷えた身体に温泉、最高! 温泉で暖まったあとはビール、最高!!









(写真:島田利治、キャプション:ムサッシー)
[PR]
by sportsaid | 2010-03-16 10:49