『ムサッシーのブログ』を記載します。


by sportsaid

タグ:第15回奥武蔵ウルトラマラソン ( 6 ) タグの人気記事

 「奥武蔵ウルトラマラソン」の表彰のなかに、大会終了後に実行委員会にて決定する賞があります。それは、私たちに最も感動を与えてくれた男子ランナーに贈る「カモシカ賞」、最も感動を与えてくれた女子ランナーに贈る「織姫賞」、最もゴール写真の写りがよかったランナーに贈る「フォトジェニック賞」であります。「第15回奥武蔵ウルトラマラソン」のそれぞれの受賞者が下記の通り決定しておりますので、ご報告いたします。

・カモシカ賞 渡辺 健二さん(埼玉県・自由の風AC)
・織姫賞 間庭 典子さん(東京都・MY★STAR Breeze)
・フォトジェニック賞 村田 政一さん(埼玉県・東京AC)、久保 智子さん(東京都・TEAM走り屋)

 また、最初に同時ゴールした夫婦に贈る「おしどり賞」は川越佳寛さん、京子さんご夫妻(神奈川県)の2度目の獲得となりました。各受賞者の方、本当におめでとうございます。
[PR]
by sportsaid | 2008-09-26 23:23
 「第15回奥武蔵ウルトラマラソン」の大会風景を以下に写真にてお伝えします。f0170360_23373550.jpg

8月10日午前6時過ぎ、大会出場ランナーが続々ゲートイン。








f0170360_23401597.jpg

さー、スタート前のウォーミングアップは恒例のエアロビで。








f0170360_2343741.jpg

インストラクターはご存じ、庄内藩のお姫様・澤田美佳嬢(もちろん、ランナーでもあります)。












f0170360_2346189.jpg

選手の先導はお馴染みホンダの改造車。何と今年は浴衣美人が同乗したとか。












f0170360_23524665.jpg

午前7時30分、号砲一発、真夏の祭典「奥武蔵ウルトラマラソン」の幕が切って落とされました。






f0170360_23565085.jpg

総勢861名のランナーが果敢に奥武蔵の過酷なコースに向かって飛び出していきます。






f0170360_23592111.jpg

終始、安定した走りで総合優勝に輝いた神宮浩之選手。












f0170360_035960.jpg

女子総合優勝(総合でも3位)の櫻井教美選手は、自身の持つ大会記録を更新して見事3連覇。












f0170360_072114.jpg

アテネパラリンピック・マラソンの金メダリストであり、引続き北京パラリンピックの代表となった高橋勇市選手(左)は、大舞台を控えているのでやや自重気味。











f0170360_0125372.jpg

後続のランナーたち。おっ、虫かごおじさんがいる。真っ黒ケンちゃんもいる。皆さーん、とにかく楽しくいきましょう。





f0170360_0173643.jpg

今回はバニーちゃんではなく、チュー子ですか? そうか、今年はネズミ年だー。












f0170360_022773.jpg

あらららー、ハマのハイジーと女将さん。盛り上げてくれるねぇー。












f0170360_0313572.jpg

「今度、これで雁坂も走りまーす」ってか。













f0170360_0343880.jpg

ウルトラてつこ隊のてつこちゃんとダグラスは、いつになく上機嫌。グリーンナンバーカードが光ってるよー。












f0170360_039336.jpg

特別賞をゲットしたおさるさん(ん、本家のおサルさんは?)と、巨人軍団の親分。












f0170360_0423621.jpg

今日はベロンベロンではありません。至って真面目です。







f0170360_0451597.jpg

バンバンクラブをまとめるシブジャガさんの後ろには、昨年の「織姫賞」のタマセブンさん。






f0170360_0491783.jpg

おー、レース中のフォトジェニックNo.1はあなたですよ。













f0170360_0532696.jpg

ヤッホー、今日は楽しいねー(でも右側のランナーは辛そう)。







f0170360_057970.jpg

ここは「ユガテ・エイド」。奥武蔵自慢のエイドはメニュー豊富。ビールもあるぞー。






f0170360_14066.jpg

ゴールには「ミスゆず娘」。おじさんたちにツーショットをねだられて、たいへんでしたね。






f0170360_17484.jpg

今年も飲食関係、スポーツ用品関係の販売ブースが出揃いました。ご協力、本当にありがとうございました。ランナーのお二人は、今回で仲良く5回完走を果たしたご夫婦です。おめでとうございます。次は、ぜひ10回完走を目指してください。



 今回のリポートで、皆さんに奥武蔵ウルトラマラソンの雰囲気が少しでも伝われば幸いです。
 最後に、いつもカメラマンを務めてくれている城定睦さん、一部、写真を提供してくれた前田善次さんにこの場を借りて感謝いたします。
[PR]
by sportsaid | 2008-09-06 23:11
 「奥武蔵ウルトラマラソン」の表彰種目のなかに団体の部と女子団体の部があります。順位は前者が同一クラブ内の上位5人の合計タイム順、後者が同一クラブ内の女子の上位4人の合計タイム順となります。それで、今年の我が武蔵ウルトラマラソンクラブの成績は、団体(櫻井教美、神谷睦、磯部恭輔、篠山慎二、石井俊夫)は4位でしたが、女子団体(櫻井教美、藤原定子、郷亜紀子、飯塚直美)は堂々の2位でした。各選手の健闘を称えます。でも、来年は両種目とも今年の順位より上を目指しましょう。
 それから、報告が遅くなりましたが、7月6日の「第14回8時間耐久レースin所沢航空記念公園」女子の部で、和地朋子選手が本調子でない(故障が完全に癒えていない)にもかかわらず、優勝しました。今回の奥武蔵ウルトラマラソンでは、残念ながら途中でレース終了となってしまいましたが、我がクラブのためにも懸命にトレーニングを積んでスタートラインに立ってくれたことに感謝します。
[PR]
by sportsaid | 2008-08-17 18:17
 一昨日(8月10日)、第15回奥武蔵ウルトラマラソンを開催しました。当日はあまり暑くならず、また夕立もなく、もしかしたら今までで最もコンディションに恵まれた大会だったかも・・・。 
 節目の15回目を迎えた本大会、今年から一部(スタート直後)コース変更したため距離が2km延びて77kmになりました。また、スタート時刻も1時間30分遅くなり7時30分になりましたので、当然明るいうちにゴールできないランナーも出てきます。それに、ここのところ天候が不安定で夕方近くになると夕立に見舞われることが多々あり、主催者としてかなりの不安を抱えてのスタートだったので、まずは素晴らしいコンディションを与えてくれた天に感謝です。そして、自然に満ちあふれた風光明媚なロケーションと、チャレンジ精神をかき立てる超ハードなコースを提供してくれる奥武蔵の地と、この真夏の大会をこよなく愛し、足を運んでくれる素晴らしき人たちに心から感謝です。お陰さまで、今年も「いい大会」を開催することができました。多くの皆さんの笑顔のゴールに立ち会えて、本当に幸せな気分に浸ることができました。ありがとうこざいました。
 さて、今大会最大のトピックは何と言っても、あの櫻井教美選手がコースが2km延びたにもかかわらず、自身の持つ女子大会記録を24分縮め、女子初の5時間台(5:43:36)で3連覇を果たしたことでしょう。それも男女総合3位で!! ホームストレッチに櫻井選手を認めたときは、感動に身が震えました。櫻井選手、おめでとうございます。そして、ありがとうございました。
[PR]
by sportsaid | 2008-08-12 23:54
 7月20日(日)の蒸し暑ーいなか、我がスポーツエイド・ジャパン/武蔵ウルトラマラソンクラブのメンバー12名(柳澤健一、吉田秀雄、藤原定子、和地朋子各企画運営委員、舘山 誠、秋山玲子、神谷 睦、鏡畑良弘、崔 洛 昇、上杉浩司、南里賢一、中村是靖)は東京都練馬区「光が丘公園」で開催された「第2回あさがおユニバーサルマラソン42.195km」でバッチリ、トレーニングを積みました。
 すこぶる木陰が多い「光が丘公園」ではありますが、やはりこの時期のフルはきついですね。でも、「あさがおの会」の皆さんの懸命なサポートのお陰で頑張れました。大きな声援と、キンキンに冷えたドリンク、とてもありがたかったです。
 この大会の目的は「支援、援助を受ける側にいることの多い知的障害者が、自分たちの力で大会を企画運営することで、何事にも進んで取り組む姿勢を養い、また積極的に健常者と交流し、本当の意味での自立を図る」こととしています。この大会が多くの人々の理解を得、いつまでも続くことを願っています。
 なお、「あさがおの会」は8月10日(日)に私たちが主催する「第15回奥武蔵ウルトラマラソン」で「大野エイドステーション」を受け持ちます。参加するランナーの皆さん、彼らの熱いサポートをお楽しみにっ!
[PR]
by sportsaid | 2008-07-24 23:03
 我がスポーツエイド・ジャパンのメインレース「奥武蔵ウルトラマラソン」開催まで余すところ1ヶ月を切りましたね。節目の15回目を迎えることになった本大会は、今年は938名(男子753名、女子185名)のランナーをお迎えすることになりました。この大会を立ち上げた当初は、まさかこんなに多くの方々にきていただける大会になるとは思ってもみませんでした(因みに、第1回大会のエントリー者数は104名)。本当にありがたいことです。
 さて、周知の通り、今夏は埼玉県でインターハイが開催されます。その影響で、奥武蔵ウルトラマラソンも開催日、コース、スタート時間などの変更を余儀なくされてしまったのですが、ちょうどいい機会でもあるので、前々から試みてみたいと思っていた「ナンバーカード、プログラムの事前発送」も実行することにしました。ということで、今年は大会前日、当日の受付がありません。スタート(7時30分)間近に来場しても間に合うことになります(もちろん、余裕をもって来場するに越したことはありませんよ)。
 事前発送については、できれば大会2週間前には皆さんのお手元にお届けしたいところですが、記録測定用のICタグ(磁気)の保存性の問題等から7~10日前着ということになりそうですので、この点ご承知おきください。
 
[PR]
by sportsaid | 2008-07-12 16:09