『ムサッシーのブログ』を記載します。


by sportsaid

<   2016年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

長らくお待たせしました。第19回雁坂峠越え秩父往還走の概要を発表させていただきます。
従来、本大会の山間部のコースは山梨市三富地区・道の駅みとみ付近から某私有地内にある登山道を通って雁坂峠~雁坂小屋~突出峠を経由し秩父市川又に至る、すなわち本来の秩父往還を辿っていました。が、一昨年から某私有地内での大会開催が困難となったため、前回は雁坂トンネル避難坑~奥秩父トンネルを通り抜け、埼玉県側の黒岩尾根経由で雁坂小屋に出るコースにて実施しました。
さて、本年の大会は関係機関の方針、また将来的なことも踏まえたうえで検討を重ねた結果、別紙・概要書のごとく、甲府駅前をスタートして道の駅みとみに到着した時点で一旦時計を止め、大会専用バスにて雁坂トンネル本坑を通過して埼玉県「出会いの丘」駐車場で下車、そこからリスタートするという形をとることにしました。
それに伴い、大会専用バスの借り上げ、また記録計測の円滑化を図るためにICチップによる自動計測システムを導入することになりましたので、大会参加料を1000円値上げさせていただくことをご了承ください。
今回の途中で一時レースを中断する形に対して不満を持たれる方もおられると思いますが、あらゆることを考え合わせると現時点ではこの方法が妥当だと思われるので、雁坂を愛して止まない皆さまには、この度の事情をご理解のうえ、今年の「雁のみち」を楽しんでいただきたく存じます。
私はこの大会に極めて強い思い入れを持っています。決して、雁坂の灯を消してはならないと思っています。皆さまとともに、この大会を守り続けていくことが私の切なる願いです。これからも、雁坂と、また私たちとよろしくおつき合いいただければ幸いです。
              大会長/スポーツエイド・ジャパン代表理事 舘山 誠
[PR]
by sportsaid | 2016-06-08 11:35
我が国最大の島・本州の形状は北東から南西方向に湾曲しているため、外湾側(太平洋側)と内湾側(日本海側)とでは距離に大きな差があります。
私たちが主催する「本州縦断・青森~下関1521kmフットレース」は、基本的に日本海側の国道7、8、9号線をたどるものとし、その全長は1521kmで青森市から山口県下関市までのほぼ最短距離にあたります。
なお、本レースの競技期間は、4月1日~10月31日の間であれば参加者の都合で自由に設定できるものとしていますが、2ヶ月経過した現在、すでに縦断ステージ2名(今 正寛さん、大川 竹志さん)、R7ステージ(青森~新潟間430km)3名(深澤 賢二さん、和田 亮さん、中込 雄二さん)、R8~9ステージ連続走(新潟~下関間1093km)1名(吉澤 圓さん)が見事完走を果たしています。
そのなかに、特筆すべき記録をたたき出したランナーがいます。弱冠21歳(過去の挑戦者のなかでも最年少)の今 正寛さん(青森市在住)が縦断ステージを498時間11分の驚異的なタイムで走り抜きました。
本来、超長距離走は並外れた体力、走力を持ち合わせていても経験や自制力等が備わっていないと如何ともし難いものがあって、それなりの年齢を重ねたランナーの方が有利とされています。が、今さんはその通例を見事に覆してくれました。
ちなみに、今さんは7月17~18日に私たちが新たに開催する「第1回みちのく津軽ジャーニーラン」にもエントリーしています。この大会には、ほかにも「川の道」や「雁坂」の優勝者、準優勝者、また24時間走の女子世界記録を持っているランナーもエントリーしているので、ジャーニーランとはいえ、大会の行方が今から楽しみです。
もう1人の本州縦断ステージ記録更新ランナーを紹介します。
昨日(6月1日)、下関に所要時間656時間55分でゴールした大川竹志さん(65歳/仙台市在住)は完走者の最高年齢を更新しました。
これで、本州縦断ステージの完走者は11人(延べ13人)になりました。

本大会に挑むランナーはまだまだ続きます。
皆さんのご健闘を、また充実した走り旅になることを心からお祈りいたします。
[PR]
by sportsaid | 2016-06-02 20:53