『ムサッシーのブログ』を記載します。


by sportsaid

<   2009年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 「飯豊連峰は山形、福島、新潟の3県の境に位置し、主脈は延々20kmに及びます。
 山容はいくつかの鋭鋒を起こしながらも、全体的にはなだらかなうねりとなっていますが、ひとたび稜線からそれると急峻な沢が山肌深く刻まれ、険しい表情もみることができます。また、2,000m級の峰々を連ねた堂々たる山塊は、四囲の山系を圧倒しています。
 季節ごとに咲き乱れる色とりどりの高山植物、美しい緑の草原に点在する池塘や雪田。日本百名山でもある飯豊連峰は、まさに山上の楽園と言えます。

 冒頭の文章は、第12回カモシカマラソン「晩夏の飯豊連峰縦走路をゆく」の大会パンフレット、およびプログラムに「飯豊連峰の概要」として記載したものです。
 1997年にカモシカ山行とウルトラマラソンの両方の要素を合わせもった(同時に楽しめる)レースとして、毎回コースを変えて開催してきたカモシカマラソンでしたが、諸般の事情により2007年のレースを最後に従来の方法による開催をいったん打ち切りました。そして、見直し期間を経て、ここに装いを新たにしたカモシカマラソンを復活させることができました。それも夢の飯豊連峰で…。

f0170360_16363690.jpg
JR磐越西線・山都駅に異様な集団が降り立ちました。









f0170360_16382924.jpg
異様な集団ではありますが、お行儀よく並んで受付を済ませています。









f0170360_1649872.jpg
競技説明もきちんと聞きます。










f0170360_16505058.jpg
スタート前のお決まりの記念写真。前列中央のおじさんが持っているのは何?








f0170360_1743194.jpg
7時、異様な集団が飯豊連峰に向かって走り出しました。









f0170360_17452950.jpg
飯豊連峰の登山口ももうすぐ。みんな、快調!










 さて、8月22日(土)7時、夏山登山のピークも過ぎ、やや静けさを取り戻した飯豊連峰の登山基地・JR磐越西線山都駅から、何やら異様な輩36名が走り出しました。登山口である川入キャンプ場までは空身なので、23kmで400mほど上る道のりは異様な集団の皆さん、実に軽快な足どりでクリア。でも、ここからが大変。今回は山中で1泊することになっているので、その分重くなった荷を背負わなくてはなりません。おまけに胸が斜面につくほどの急登。なのに、皆さんの表情は満足げです。天気は上々だし、何しろ高度が上がるごとに見事な風景が次々と展開されていくのですから。
 特に、稜線に出てからは最高の気分でしたね。冒頭の文章通りの「山上の楽園」を漫歩しているようでした。夢が叶って、ここ飯豊連峰を舞台に今こうやってカモシカマラソンを実施していることに、ムサッシーはこのうえない喜びに浸ってしまいました。

f0170360_17532978.jpg
三国岳が近くになると眺望が開けてきます。









f0170360_1759565.jpg
三国岳、飯豊本山間の岩稜地帯とゆく。気持ちいいねー。









f0170360_1832283.jpg
最高峰の大日岳と雪田。期待通りのロケーションの連続です。









f0170360_1872293.jpg
大日岳の雄姿がますます大きくなってきましたね。









f0170360_18145566.jpg
そして眼前には飯豊本山の頂が…。











 「夢の飯豊連峰」。私事で恐縮ですが、ムサッシーは中学のとき故郷の北国は津軽の秀峰「岩木山」に登って以来、長い年月をかけて日本百名山参りを続けてきて、とうとう昨夏に北海道の「幌尻岳」で99座の頂に立つことができたのです。そうです、実は日本百名山完踏にリーチがかかっていたのです。
 そして、本日14時を少し回った頃、眼前のなだらかなスロープを一歩一歩、私の長期に及んだ百名山登山の歴史をふり返りながら終着駅となる飯豊本山の頂に向かいました。もちろん、万感胸に迫り、周りの風景が霞んでいました。
 山頂では、ヤナギ~がわざわざ作ってきてくれた横断幕で記念撮影。それに重たい思いをして担ぎ上げてくれたワインで乾杯。仲間の心憎い贈物にまたまたジーンとなってしまい、困りました。私の日本百名山完踏を祝ってくれたカモシカの仲間たち、本当にありがとうございました。

f0170360_18172613.jpg
飯豊本山頂上にて。皆さん、ありがとう。おかげさまで、忘れられない1日になりそうです。









 感激を胸に、さらに歩を進め御西小屋に到着。速いチームも、遅いチームもここ御西小屋が初日の終了点になりました。本レースは19時~翌4時まで行動禁止のため、速いチームはここから最高峰・大日岳を往復して終了、遅いチームは大日岳往復を明朝に残して終了し、小屋に入りました。
 小屋では、各チーム思い思いの食事風景でしたね。コンロ、コッヘルで調理するチームもあれば、携帯食で素早く済ませるチーム、アルコール付きで宴会モードのチームもありましたね。ほぼ全参加者が一堂に会し、チームを超えてくつろいでいる様は、何かレースというよりも集団登山といった雰囲気がしたのは私だけではないでしょう。小屋の広さの割には人数が多くて、快適とはとても言い難いけど、皆さんいい経験になったと思います。

f0170360_18303761.jpg
大日岳頂上。風が強かったけど、360度のパノラマは最高でした。









f0170360_18393286.jpg
大日岳から飯豊本山を望む。酔いしれますね。










 翌23日(日)はガスっていて、視界不良、加えて強風。雨は落ちていないもののランナー的には、むしろ悪天候に近い状況と言えます。
 4時、昨日のうちに大日岳往復を済ませたチームの多くは集団で出発。レースとはいえ、安全第一です。集団をリードした岡田選手は山のエキスパート、さすがでしたね。
 夜が明けてからはムサッシーがトップに立ち、その後は一転、レース模様となりました。まず先行したのは、残念ながらお互いの相方のキャンセルのため、急遽チームを組んでオープン参加となった磯部、飴本ペア。これにムサッシーたち、そして今回、大方の予想に反して優勝した市川、高木ペアが続きます。
 天候の方はやがてガスも晴れ、とき折り陽が射すようになりましたが、依然、強風が吹きすさんでいました。女子ランナーには難儀なことだったと思います(雁坂の女傑さんだけは別?)。ホント、よく頑張りました。
 でも、目を瞠るような眺望は相変わらずです。120%、飯豊連峰のゆく夏を堪能させてもらいました。

f0170360_18452546.jpg
とうとうやってきました朳差岳頂上。安堵感と名残惜しい気持ちが交錯。










 やがて、飯豊連峰主脈の北端、朳差岳へ。ここから下界に向かってひた下ることになります。疲労もかなり増してきていたので、ホッとしたというランナーと、せっかく踏み入れた「山上の楽園」から立ち去りたくないというランナー、果たしてどちらが多かったのでしょうか。
 朳差岳からの長い激下りは、かなり効いた模様。蛇の度々の出没にも驚きましたね。
林道に出てからも暑さも手伝ってきついランニングとなりました。最後のチェックポイント・大石ダムの手前に設置した臨時エイドで幾分持ち直したものの、とどめの12.5kmのアスファルト道にも参りましたね。我ながら、涙が出るほど嬉しい「超ハードなコース」になってしまいました。ランナーの皆さん、本当にお疲れさまでした。それから、ランナーのサポートにあたってくれた久山幸男さん、千葉恵一さん、本当にありがとうございました。
 因みに、本レースの出走者は36名、うち完走者は制限時間外を含めて31名でした。

f0170360_18515458.jpg
バンザーイ! きっちり時間内完走したぞー。









f0170360_18533451.jpg
無事ゴール。温泉とビールが待ってる~。










 19時30分からランナー16名、スタッフ1名で宿泊先「胎内アウレッツ館」にて食事会を開き、カモシカマラソンについて語り合いました。
 今回、ムサッシーはランナーとしても参加しましたが、やはり主催者サイドに立つと、登山におけるリスクの高さにどうしてもこのレースの開催に及び腰になってしまうことも確かです。が、皆さんのカモシカマラソンに対する熱い思いを聞くと、何とかリスクの軽減を図り、継続していかなければならないという気にさせられてしまいます。
 今後は、日本三大峠である南アルプス・三伏峠、また北アルプス・針ノ木峠を通過する山域で開催できればと考えております。カモシカファンの皆さん、お楽しみに!

(写真協力:チバちゃん、ヤナギ~、オクムNo.1さん)
[PR]
by sportsaid | 2009-08-31 19:07
 奥武蔵ウルトラマラソン(オクム)の代名詞は「夏の祭典」。その名に違わず、じりじりと照りつける太陽のもとで、この大会は回を重ねてきました。が、16回目にして初めて「雨天のオクム」になってしまいました。暑いどころか、むしろ肌寒かったくらいです。そのおかげか、完走率は95%を超え、また自己ベストを更新し、満足げなランナーも多数。うーん、かえって雨でよかったのか?いや、やはりオクムには「あふれる光」が欲しいですよね。本物の雨より蝉時雨のなかを走りたいですよね。皆さんに何か申し訳ない気持ちになってしまいました。雨に煙るオクムを元気に駆けめぐってくれたランナーの皆さん、本当にお疲れさまでした。あなたたちの「いつだってオクムは楽しいよ」と言ってくれた言葉、今年ほど身にしみてありがたいと思ったことはありません。本当にありがとうございました。
 それから、終始、雨に濡れながら献身的にランナーのお世話をしてくれたスタッフの皆さん、本当にご苦労さまでした。皆さんの情のこもった温かいサポートに、ほとんどのランナーは感謝感激しておりました。本当にありがとうございました。
 今年のオクムのエントリー者は昨年より約160名増えて1095名。加えて、この想定外の雨。にもかかわらず、大会が無事に終了したことは、とりもなおさず心優しい素晴らしきランナーたち、スタッフたちに恵まれたほかありません。重ねてお礼申し上げます。

以下、大会の模様です。

f0170360_17325122.jpg
大会前日は、プレイベントとしてランニングセミナー「ランナーのためのボディケア」(赤木一恵先生)、「救急救命・AED講座」(太田 眞先生)を開催しました。






f0170360_17343963.jpg
大会当日、開会式の後は恒例のエアロビによるウォーミングアップ。リードする美佳さん(鶴岡市)は何とこの4月に出産したばかり。さすが鍛えぬいたボディは違うね。






f0170360_17362062.jpg
スタート前の一コマ。この大会限定でチーム編成した「ウルトラ美女部」は大会に華を添えてくれましたよね。おじさんたちは嬉しい限りです。







f0170360_17375044.jpg
スタートも間近に迫りました。うん、前列左側にいるのは伊藤夕子選手とこうや君かな?伊藤選手はお子さんのあかねちゃん、こうや君の応援もあって見事、女子総合優勝に輝きました。





f0170360_17384443.jpg
午前7時、過去最高の出走者が果敢にオクムの難コースへ飛び出していきました。








f0170360_17402247.jpg
号砲が鳴ってから最後尾のランナーがスタートラインを跨いだのが、何と1分30秒後。第1回大会の出走者がちょうど100名だったことを思うと信じられない光景です。






f0170360_1742149.jpg
ランナーがスタートして2時間ほど経過した大会会場。すでにゴールするランナーを迎える体制が整いましたが、非情にも空からポツポツと雨粒が…。






f0170360_17455076.jpg
一方、多くのランナーは18km付近の鎌北湖エイドステーションを通過しています。お馴染みのウェディングドレスのお姉さんは今、到着しましたね。







f0170360_1746267.jpg
その先では、バンバンクラブの熱い応援。今年も多くのB組(ブラインド)ランナーがオクムに挑戦。G組(ガイド)ランナーの皆さんも、ご苦労さまです。






f0170360_17481965.jpg
32km付近の見晴台エイドに御用聞きに立ち寄る実行委員長(写真中)。左はエイド長、右は今回、実行委員長の補佐役を務めてくれた「まゆちゃん」。






f0170360_1749911.jpg
そこへ、選手を先導する「ホンダトライク」(ハーレーではありませんよ)が登場。ドライバーの小谷さんも、もうすっかりオクムの顔になりましたね。







f0170360_17495749.jpg
選手も続々と見晴台エイドに入ってきます。バニーちゃん、いらっしゃい。しかし、バニーちゃん、トイレのときはどうやって?と、いらぬ心配したりして。







f0170360_17505829.jpg
てつこちゃんとだぐらすがヤクルトファンだとは知りませんでした。ともに今年で14回目の完走ですね。








f0170360_17514040.jpg
女子選手はみんな元気。あなたたちの素敵な笑顔は、オクムをより華やかにしてくれます。








f0170360_17522480.jpg
オクムの女神たちよ、いつまでもオクムで輝いてください。









f0170360_1753369.jpg
忘れちゃいけない。T.O.Yの皆さんもオクムを盛り上げてくれてますよ。









f0170360_17534270.jpg
最も後ろ姿を注視されたのは彼かな?














f0170360_17542084.jpg
ランナーの皆さん、たとえ雨でもきちんと給水してくださいね。もちろん、給食も。オクムのエイドは種類、量とも豊富だよー。







f0170360_17592446.jpg
最高齢(79歳)の斉藤 萬選手は今年も超元気。私たちの励みです。













f0170360_185614.jpg
写真中央の斉藤玉貴選手は視覚と聴覚に障害をもっていますが、今年で3年連続完走を果たしました。








f0170360_18124448.jpg
見晴台エイドは復路から「居酒屋」風に様変わり。ビール?はい、はい、ありますよぉ。













f0170360_18171997.jpg
ひー、いいねぇ。旨いねぇ。










f0170360_18182100.jpg
店長もいい味、出してるねぇ。オクムはスタッフも楽しまなくっちゃ。









f0170360_18184132.jpg
こちらは41km付近の刈場坂エイド。今年も「鴻巣楽しく走る会」のメンバーが選手に熱き心を注ぎます。








f0170360_18193621.jpg
折り返しの丸山エイド。恒例のビキニギャルさん、雨のなか、ビニールを被ってよく頑張ってくれました。原始人もビキニさんをよく引き立ててくれました。「雨も肌寒さも関係ねー」と一人(一頭?)ほくそ笑んでいたのはモウくん。




f0170360_18221261.jpg
まっ先にここを折り返したのは、神宮浩之選手(No.501)。神宮選手は、ここまま他にトップを譲ることなく、堂々の2連覇。おめでとう。







f0170360_18244088.jpg
17時30分頃の大会会場。降りしきる雨の中、まだ多くのランナーがゴールを目指しています。そのランナーの感動のゴールを今か今かと待ち構えている仲間たち。嬉しいですね。







 雨に打たれながらも笑顔でゴールに飛び込んできてくれるランナーの皆さん、あなたたちは何と強くて優しいのでしょう。「悪天候で辛い思いをさせているのではないか」と危惧していた私たちは、皆さんの笑顔に救われました。ありがとうございました。
 もう一つ。今年、見事10回完走を達成したある選手が、私たちに素晴らしい贈り物を置いていってくれました。それは「奥武蔵、最高!」という言葉でした。ありがたくて思わず目頭を熱くしてしまいました。ありがとうございました。
 来年は、「暑くて熱い奥武蔵」でお会いしましょう。

 (写真協力:加藤正子さん、前田善次さん、栗田由希子さん)
[PR]
by sportsaid | 2009-08-12 18:26