『ムサッシーのブログ』を記載します。


by sportsaid

「第6回奥武蔵グリーンライン・チャレンジ42.195km」リポート

 今年も上々の天候のもとで開催することができた「チャレラン」。
 この大会、事情により昨年のみ「新緑の奥武蔵チャレンジラン&ウォーク」と称して春期に開催しましたが、今年からまた10月開催に戻すことになりました(今後は秋期で継続していきます)。嬉しいことに春期に開催しても、秋期に開催してもどういう訳かほぼ毎回爽やかな好天に恵まれます。本当にありがたいことです。
 昨今のフルマラソンブームの影響でしょうね、この大会も42.195kmを走るということで、過去最高の811人のランナーがエントリーしてくれました。それも、初フルの方が結構多かったです。多分、制限時間が最大で8時間30分あることがその理由でしょう。でも、実際はアップダウンを繰り返しながら、最大標高差800mも登る超ハードなコース(そう、あの「奥武蔵ウルトラマラソン」のワンウェイ版なのです)なんですがね。制限時間に騙されて大変な思いをしたランナーには、ちょっと気の毒? いやいや、そんなことはありませんでした。苦戦の末ゴールされたランナーの皆さんのガッツポーズや感涙をみればよく分かります。幾度も素敵なゴールシーンに立ち合わせていただいたことに感謝です。皆さん、ありがとうございました。

 以下、大会風景です。

f0170360_16152545.jpg
スタート地点は埼玉県日高市にある「高麗神社」(こまじんじゃと読みます)の駐車場。ここ高麗神社は今から約1200年前に朝鮮半島高句麗から渡来した高麗王若光の霊を祀った由緒ある神社です。




f0170360_16193148.jpg
f0170360_16334083.jpg
受付を済ませ、スタートの準備ができたランナーは係員のチェックを受けて一人ひとりスタートします。



















f0170360_16373425.jpg
コースとなっている「奥武蔵グリーンライン」は標高が高いこともあり、すっかり秋の装いです。天は高く澄み渡り、本当に心地よかったですね。







f0170360_16423091.jpg
エイドステーションは全部で6ヶ所。少ないんではと思われるでしょうが、そこは質でカバー。ここの第4(高山)エイドでは果物類のほか、レーズンロール・ハムサンド等のパン類が出ます。





f0170360_16472989.jpg
第5(刈場坂)エイドでは、給水給食をとるランナーで混雑模様。それもその筈、ここのメニューは「炊き込みご飯」に「豚汁」、さらに「カボチャお汁粉」まであるんですから。ひと通り食べるのに時間を要しますよね。





f0170360_16553396.jpg
作り手はご存じ「さち弁当」のスタッフとそのグループ。いつもプロの味を提供してくれるスポーツエイド・ジャパンのよき理解者です。これからもよろしく。






f0170360_170048.jpg
第6(丸山)エイドも頑張りました。ソーメンにお粥、美味しかったでしょう。









f0170360_173164.jpg
ゴールは、残念ながら今年の3月をもって廃校となった横瀬町・旧芦ヶ久保小学校の校庭。木造の校舎に郷愁をそそられた方が多かったのでは。







f0170360_178421.jpg
本大会は、一人ひとりスタートしますので、最後のランナーがゴールするまで、順位が確定しません。今回は集計の結果、女子の部では埼玉県伊奈町の松浦真由美さん、男子の部では神奈川県川崎市の神宮浩之さんが第1位でした。おめでとうございます。




 次回大会は明年10月17日(日)の開催となります。また美味しいものを用意して、皆様のお越しを心からお待ちしております。
(写真:ムサッシー、島田利治、キャプション:ムサッシー)
[PR]
by sportsaid | 2009-11-02 17:29