『ムサッシーのブログ』を記載します。


by sportsaid

ヤナギ~の「ぐるっと高尾・陣場」練習会リポート

 6月28日、梅雨まっただ中、一昨年の秋に続いて「ぐるっと高尾・陣馬山(トレイル+ロード=約35km)」練習会を開催しました。
 高尾山はあのミシュランの三ツ星に選ばれちゃった観光名所。高尾山口駅前は多くのハイカーでごった返していました。高尾駅集合の我々クラブ員30代から70代まで揃った25名は、混み合う高尾山口駅前をすり抜けて、走る遠足よろしくぞろぞろとトレイルに向かいました。f0170360_21502394.jpg

スタート地点の高尾駅前に集合した面々。いろんなのがいるねぇ。









f0170360_21523829.jpg
高尾山口駅前を通過。この先から、トレイルに入ります。









 やっぱり山は気持ちいいっすね〜。土のにおい、樹木と葉っぱのにおい、ヒトンチットが肺の隅までいきわたって細胞にしみわたる〜(ってちょっと大げさか?)。f0170360_2158357.jpg

高尾山は頂上を踏まずに巻いちゃおう(軟弱)。









f0170360_220469.jpg
一丁平で休憩。ここには水場もトイレもあるぞー。









f0170360_222226.jpg
トレイルの下りは気持ちいいねー。快調!









 でも山の中で生き生きするのは私たちの性分でしょうか。さらに走っていると心拍数も気持ちも上がり、皆ハイテンション。陣馬山頂の白陣馬さん像(っていうのか知りませんが)も「喧しい大人たちじゃのう」と言ったとか言わなかったとか。
f0170360_2261934.jpg
陣場山頂上。白陣馬さん、さぞ喧しかったでしょう。









f0170360_221042.jpg
下山前に全員で記念写真。










f0170360_221317100.jpg
陣場山からの勾配のきつい下りは慎重に。









f0170360_22222689.jpg
和田峠に到着。ここからは、アスファルト道(陣場街道)を走ることになります。








 陣馬山を抜け、和田峠に出るとそこからはロード。勝手に足が前に出てしまう激下り坂。誰も言わないのに何だか勝負モードに。やけに大きなザックを背負ったK畑さんがトップだったのは少々以外でした!
 陣場高原下の集落に出ると、地元のオバちゃんが手招きして何か叫んでいる。「早く早く!バス行っちゃうよ!」だって。近くのバス停で待機するバスのことを指して言ったようです。車でもバイクや自転車でもない人は、そこからバスに乗るのが当然だと思ったんでしょう。このまま高尾まで駆けていく私たちは普通じゃないのでしょうか(笑)。
 ロード後半は自由走。予報通り雨も落ちてきて、思った以上に長くハードなロード。「これは練習会なんだよな」と、ひたすら耐えてゴール高尾のお風呂屋さん「フロッピィ〜」をめざしました。
 走った後のアフターの出席率が高いのも我がクラブの特徴(?)。「走ったら飲む!」どちらも大切なんです。安さ基準で検索した居酒屋は少々あやしい雰囲気もありましたが、いっぱい飲めたから、まっいっか〜。練習会だし?? この「ぐるっと高尾・陣馬山」も定番の練習コースになりそう。秋にやって初夏にやったから、今度は真冬にやるってどうでしょう、皆さん。
(写真:前田善次&島田利治、キャプション:ムサッシー)
[PR]
by sportsaid | 2009-07-01 22:15